テレフォンセックスにおける言葉責めが失敗する原因があったりしますよね

テレフォンセックスにおいて言葉責めをすることはかなりメジャーなプレイに当たります。セックスにおけるSMプレイは肉体的な刺激を中心とするものに対して、言葉責めにおけるSMプレイは精神的な刺激を中心とするものです。いざ言葉責めをやるとなると女性を怒らせたりしている人も多くいますので、そういうことが起こる原因がどこにあるのかについて紹介していきます。

■SとMの役割分担が明確でない
言葉責めをやる時にMの人が突然怒ってしまうことがあります。それはなぜかというと攻めすぎているからです。言うならば、言葉責めの責め手と受け手の役割が明確でないからです。テレフォンセックスで本題に行く前にSとMのプレイをどうするのかということを良く打ち合わせをやるべきです。

打ち合わせと言ってもそんな大げさなことではなく、どちらがその役割を負うのかということやどういうプレイをやるのかということをしっかりと設定すればいいでしょう。初めての相手と言葉責めをやる時には、Sの人がMの人に対してどのくらい攻めてもいいのかという風に見極める必要があります。

■自分の思い込みの役割ではダメ
どちらがSかMかということについては、自分の思い込みで決めてはいけません。普段命令口調で強気の人がS役になることが多いかもしれませんが、そういう人であっても意外とM役が似合うということもあり得ます。だから、自分の思い込みではなくお互いの関係性からSとMの役割を決めておくといいでしょう。

■役割をきちんと設定する
テレフォンセックスにおいて言葉責めを行うのであれば役割をしっかりと設定することから始めるべきです。役割が不明確だから失敗するわけですので、どちらがどの役割をするのか、どういうプレイをするのかを決めておきましょう。

テレフォンセックスにおける言葉責めが失敗する原因があったりしますよね

テレフォンセックスにおいて言葉責めをすることはかなりメジャーなプレイに当たります。


Copyright© 2016年8月16日 新しい性癖の扉を開いてくれる可能性を秘めているテレフォンセックス
http://www.aeagg.org All Rights Reserved.